CAD/CAM冠

CAD/CAMとは、Computer-aided design/Computer-aided manufacturingの略で、コンピュータによる設計支援および製造支援という意味です。コンピュータを用いることで高精度な加工技術および技工作業の効率化が図られ、補綴装置の仕上がりのばらつき防止や今まで応用できなかった材料が使用できるようになりました。
当院ではオールセラミッククラウン、ジルコニアセラミッククラウンやハイブリッドセラミッククラウンの製作に応用しています。

長所

ハイブリッドレジンブロックを材料とし、CAD/CAM法によって製作したクラウンです。
高い物性を有し、破折や摩耗が起こりにくく、安定した予後が期待できます。メタルフリーのため金属アレルギーの心配がありません。小臼歯と大臼歯の一部は保険内治療になります。

短所

長期間の装着により変色の可能性があります。高度な審美性を求める場合は適用できません。金属冠よりも剛性が低いため脱離が起こりやすいです。大臼歯の一部では保険外治療になります。

お電話はこちら WEB予約はこちら