悪くなる前に予防することこそが最良の医療です

むし歯や歯周病になる前に歯医者に行き、定期的にメインテナンスをするというのが「予防歯科」の考え方です。
むし歯になった歯は自然には治りません。一度削ってしまうと元には戻らない上に、再治療を重ねる度にどんどん削る量が増え、寿命を縮めてしまいます。
また歯周病はサイレントディジーズ(Silent Disease 静かなる病気)とも言われ、気づかないうちに進行している場合があります。
歯が痛くなったら歯医者に行くのではなく、たとえ痛くなくても、予防のために受診をすることで病気の発生や歯の喪失を防ぐことができます。

治療が終了した後のケアも同様に大切です

せっかく時間をかけて治したむし歯や歯周病も、治療が終わった途端に来院が途絶えてしまうと、せっかく通院してきた努力も水の泡となりかねません。
自宅で行う日々のホームケアに合わせて、歯科医院にて行うプロフェッショナルケアの両方で歯を大切に守ることが大切です。
当院では患者さまが末長くご自身の歯を保てるよう、プロフェッショナルな目線からサポートさせていただきます。

お電話はこちら WEB予約はこちら