ボトックス治療とは?

台東区上野 ビーノ御徒町歯科クリニック ボトックス治療

ボトックス注射とは、咬筋(こうきん)などものを噛むときに使う筋肉に、「ボツリヌストキシン製剤」を注射することで、筋肉の動きをおさえる治療法です。

歯ぎしり・食いしばりなどは、頻度と強さによって決まります。

その強さを決める咬筋(こうきん)などの筋肉の動きをおさえることで、咬むことによる顎や歯の負担を減らすことができます。

ボトックス治療のメリット

顎関節症などの緩和
以前はマウスピースが必要で、日常生活が不便でした。咬筋の働きを弱めることにより、顎関節に 負担をかけず楽に治療できます。
口周りのシワの改善
筋力を弱めることで口元のほうれい線を目立たなくさせ、顎のシワや口周りのシワを解消する効果があります。
エラの改善
咬筋が強く緊張することで大きくせり出し目立つエラを、ボツリヌストキシン注射により緊張を緩和し、解消することができます。
その他副次的効果
咬筋の緊張緩和による肩こり・頭痛の改善、小顔効果、詰め物・かぶせ物の脱落防止

強い噛みしめにもボトックス注射

台東区上野 ビーノ御徒町歯科クリニック 強い噛みしめにもボトックス注射

強い噛みしめには、顎まわりの筋肉(咬筋)が大きく影響しています。
噛む力を弱くするには、咬筋の緊張をほぐす必要がありますが、「噛む」という行為は無意識で行われているため、自力で弱くすることはできません。

そこで、咬筋の緊張ほぐすためには、医療分野で幅広く使われるボトックス注射治療が有効になります。
近年では、美容の分野で使われる機会の多い「ボトックス注射」ですが、医療の世界では幅広い分野で利用されています。

例えば、脳卒中の後遺症による痙縮や痙攣、眼瞼痙攣や顔面痙攣など、無意識に起こる筋肉の痙縮や痙攣に用いられています。

お口周りで気になること・お悩みのことはありませんか?

以下の項目をセルフチェックしてあてはまるものがあれば、是非一度ご相談ください。

口腔内
  • 前歯がすり減っている
  • 奥歯の噛み合わせる面の凸凹がなくなっている
  • 歯にはヒビや縦に線が入っている
  • 歯茎に固いコブ(骨隆起)などがある
  • 歯肉が腫れる、出血する
  • 口臭が気になる
  • 歯周病や歯槽膿漏が進んでいる
  • 入れ歯で固いものを咬むと痛む
  • 入れた差し歯がとれる
  • 根の治療がなかなか治らない又は再発する
口まわり
  • 普段から口で呼吸をしている
  • 口角が下がって、への字口になっている
  • えらが張っている、頬が丸く見える
  • ほうれい線が気になる
  • マリオネットライン(口角から下に伸びる2本のライン)が気になる
  • 鼻の下と上唇の間のシワが気になる
体調の不調
  • 慢性的な頭痛や肩こりがある
  • 寝ているときに歯ぎしりをする
  • 寝ているときにいびきをよくかく
  • 寝ても寝不足な気がする
  • ストレスを抱えている

ストレスの多い現代社会では常に緊張状態で、無意識のうちに歯を食いしばっている状況が非常に多いのです。 全身の不調につながる過度な食いしばりは、現代社会と切り離せない症状と言えます。 お口回りに限らず全身の不調が治らないというお悩みのある方や上の症状の他、毎日何気なくしていることや、虫歯などが 歯や顎に負担をかけているかもしれません。

治療の流れ

Step 1: カウンセリング
カウンセリングを行い、患者様のお悩み・噛む力・口元の状態をチェックします。
Step 2: 治療開始
気になる箇所に注射を行います。 通常15分、表面麻酔をする場合は3〜40分程度で終了します。
Step 3: アフターケア
治療後、定期検診とアフターケアを行います。3ヶ月〜6ヶ月程度効果がありますが、定期的に注射をすることでより持続します。

よくある質問

Q. ボトックス治療は痛いですか?

A. 注射するのである程度の針刺入の痛みはあります。当院では、痛みを抑えるために表面麻酔を使用し、痛みに弱い方にも安心して治療をお受け頂けます。

Q. どんな副反応がありますか?

A. 針の跡が点状に残ったり、皮下出血が起こることがありますが、この反応は一時的でお化粧で隠せる程度です。また、一時的に軽い頭痛をともなうことも稀にあります。

Q. 治療にかかる値段はどのくらいですか?

A. 1回の治療につき、万~万円くらいです。 かかる費用は、患者様の状態、噛む力の強さ・厚さ、レントゲン審査による下顎角・骨隆起の大きさ、神経の有無、金属製の被せ物の有無によって変動しますので、まずはご相談ください。

Q. どのくらいで効果が出ますか?

A. 個人差がありますが、通常、3日~1週間ほどで効果を実感頂けます。

Q. 1回の治療で、どのくらいの量を投与するのでしょうか?

A. 咬筋の状態、金属(かぶせもの、自分の歯かセラミックか)を使用しているか、虫歯治療の際に神経を抜いているかどうか、噛んだ時の頬の出方など、患者さんによって投与量は異なります。 詳しくは担当医師にお問い合わせください。


問診票は
こちら
お電話はこちら WEB予約はこちら